パワーボールを使って、手首・肘を鍛えよう!

手首と肘を鍛える際、実はとても効果的なアイテムが存在しています。それは『パワーボール』と言うもので、これは世界的にも高い評価を受けているトレーニングアイテムとなっています。通常の筋トレをするよりも、怪我の恐れなどを心配しなくてもいいパワーボール、このサイトではそんなオススメアイテムについて話をしていきます。

パワーボールを使って、手首・肘を鍛えよう!

パワーボールとは

パワーボールは実際に利用したことのない、情報だけを視聴している人にすれば効果の可否について非常に疑問に思っている人も多いという。筆者もそうだったが、買って使ってみたところの感想は、反動が強いので頻繁にしていれば確かに鍛えられる、という結論に届いた。つまり、デマではなく本当に凄いものだというのが証明されたのです。個人的な感想とはいえど、中々侮れない。

ここまで鍛えられる理由として、ケースの中で暴れるボールを抑えつけることで、多方向から握力が刺激されている。回転数をドンドン上げていくように回し続けていけば、短時間に与えられる負荷はドンドン増していく。

こうしたトレーニングを一般的には『加圧トレーニング』、もしくは『スロートレーニング』とも呼べるが、パワーボールを利用することでこれらのトレーニングで得られる効果を実感できるとすれば、便利の一言だ。このパワーボールがない状態で鍛えるとなったら、様々なトレーニングをしなければならない。時間も掛かれば労力も要し、手数も増やしていかなくてはならないというから手間が手間を呼び寄せるという、何と見事すぎるくらいの面倒事が舞い込んでくるという。

勘弁してもらいたいと思っていた選手たちにすれば、これ一個で今までの複数あったプロセスを一つにまとめられるのは利点の何者をもない。

筋肉を傷めなくていい一方で

手首や肘などを鍛える際、どうしても無理をして痛めてしまったという経験をしている人も少なからずいるでしょう。それもパワーボール1つあるだけで自由自在に負荷を与えつつ、自分なりに調節しながら鍛えていけるため、その人が一番鍛えやすいレベルに合わせて続けていける。何より筋肉を傷めることなく、負荷を与えつつトレーニングが出来るという利点からリハビリにも応用できる。プロ選手といえど、握力から手首、そして肘にかけて鍛える必要が全く無いという人はほとんどいない。何せ普段から利用しないと日常生活にも支障をきたしかねないものだからだ。

負担を伴うことの多い部分だからこそ、その部分の筋肉が衰えないようにする手段として効率が非常にいい。ダンベルや鉄アレイなどを用意せずとも、手のひらサイズのアイテムだけで済むのでコストパフォーマンス的にも最適だ。

カウンター付きのものを活用する

とはいえ、手首が鍛えられているかどうかなど視覚的に判断できる人ばかりではない。ではどうしたら前よりも少しずつではあるが、成果は出ていると実感できるかを判断したい時には、パワーボールの中でもデジタルカウンターが搭載されているタイプのものを購入すると良いでしょう。そこには回転数が表示されるため、初日から数えて計測していったデータと、1ヶ月後の回転数とを見比べてみれば、一目瞭然でどうなっているかが判別できる。

結果を見たいといえど、一日必ず利用し続けているか、それとも定期的に行っているかによっても変わる。怠け癖のある人にとっては、一度始めたことを簡単に諦めてしまう人もいる。パワーボールも片手間でやろうと思えば出来る品物となっているので、いつでも良いやと後回しにしていれば鍛えられるものも鍛えられません。持っているだけで筋肉が鍛え上げられる、そんな便利品ではないのでその点を注意しないとせっかくのパワーボールも無駄になってしまいます。

習慣化にする

いくら優れたアイテムといっても、きちんとある一定のペースでトレーニングしていなければならないのは、パワーボールも同じこと。商品としても良く、特別場所を取ることもないのでいつでも何処でも出来る反面、いつでも良いやと後回しにしないよう注意したい。初心者用こそ特別高くはないものの、アスリートが使用しているものは正規品でも大体20,000円は超えるというから、宝の持ち腐れにならないようにしたい。

きちんと効果があるからこそ

パワーボールもきちんと定期的に利用しなければ、期待されている効果を発揮することが出来ません。常日頃から手首は利用しているものです、そのため酷使している人にとってはこのパワーボールが時としてリラックスにも繋がる効果もあると言われています。流石にそこまで劇的な何かが期待するのはやり過ぎな面もありますが、騙されたと思って今までやったことがない人は一度実践してみると良いでしょう。